暴走ピアノマンも会社員になりました。
雑記 | バンド | 大学 | 音楽 | モブログ | ロスガラ | 散歩 | ゲーム | TCC | 管理 | 会社 | 
★ カレンダー ★
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
★ 過去ログ ★
★ 最新の記事 ★
★ 最近のコメント ★
★ カテゴリー ★
★ ブログ検索 ★
beat on fruit
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
★ カウンター ★
(+ 45525)    
★ プロフィール ★

ゆふ(YuFu)

Author : ゆふ(YuFu)

★ コンテンツ ★
★ リンク ★
★ Twitter ★
 
★ 近況 ★

【先々の予定】
6/30新宿でライブうぃる。

--.--.-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.05.25 (Sun) 23:43:02
キリよく
ライブもしばらくはない事ですし、とりあえず昨日の反省をば。



演奏重要度:テンション>丁寧さ

この再起の僕の図式の悪しき点が如実に出てしまった気がします。

端的に言えば粗雑。

テンションを無理やりにでも押し上げて演奏してみれば、どんどん粗くなっていくのです。

落ち着いた曲の時にはまだ表面化しない方ですが、これはマズイ。

はたからは演奏が雑なのをテンションの高さで誤魔化してる人に見えるわけで。



今回強烈に自覚させられたキッカケもまぁありまして。

まずバンドの(特に同じセクションの)ラテン経験率はそこまで高くなかった事。

「ここでテンション上げなきゃ」って所があったとしても、そこをググっと上げるだけの力を持っているわけではなかったので、「ここは自分が無理やりにでも上げないとマズイのでは」といらんお節介かもしれない事をしてたり。

ソリストのフレーズに絡んでいくこともままならぬ状況で一人果敢に絡んでいったら、そりゃあ一人だけ変な人がいるって事になりますな。



次点、サムデイのピアノは絶対に重い!……と思います。

必要以上に力んでしまいました。

昨年の某○○無線バンドの時もバテて死亡だったのですが、今回もバテかけてましたし気のせいではないと思う。

しかもそれでいてピアノの音のかえしの小さい事小さい事。

聞こえてないんじゃないか?と思って基本強いタッチで弾かざるを得ません。

別にトリオとかコンボぐらいでしたらいいのかもしれませんが、ラテンビッグバンドでこの環境は物凄く怖い……



でも。

こういう環境にいてそれでもきっちりとピアノを弾けなければいけないんだと思います。

このバンドではトラという形で参加していたわけですし。

テンションとかタッチとかグァッッ!って上がっても、繊細に丁寧に弾けるぐらいの基本演奏技術がなければいけないんだと。

実はこのライブを終えて一番ダメージを受けた部分は、ソロがどうしようもなく歌えてなかったところで。

とにかくテンションでごり押ししてごり押しして、聞けたもんじゃないソロしか弾けてない……

強烈に自覚して反省して、これから改善していかなければいけないですね。



次のライブはたぶん秋なので、それまでに地道にパワーアップをはかるっ!頑張る頑張るぅ!

でも当面の優先事項は、もちろん卒論と入試なのですが……

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽
音楽    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://beatonfruit.blog80.fc2.com/tb.php/465-93ace957

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。